廃棄物処理のルール|ゴミを処分する際に用いられるガレキ選別のハテナ
重機

ゴミを処分する際に用いられるガレキ選別のハテナ

廃棄物処理のルール

メンズ

廃棄物とは一般的にはゴミのことです。廃棄物は廃棄物処理法によって適切に処理されなければならず、特に産業用に排出される廃棄物は産業廃棄物として適切に処理され、またその一部は再利用することが求められています。廃棄物はいくつかの種類に分類されており、厳密なルールをもとに回収され、それぞれの処理施設に運ばれますが、このさいには、引き渡しごと、種類ごと、運搬先ごとといった廃棄物の引受から運搬はすべて記録することが求められます。通常は、現場で予め分類された廃棄物が運ばれますが、分類できなかったものなど複数の種類の廃棄物が混ざり込んだものが混合廃棄物になります。混合廃棄物もまた適切なルールで処理する必要があります。

混合廃棄物は、文字通り複数の種類のゴミが混ざりあったものです。混合廃棄物はさまざまな素材が混ざり込んでいるため分類が難しく資源の再利用といった面でも不利です。建設リサイクル法が施行される以前は分別はほとんど行われず、そのまま処理されていたため混合廃棄物が主流でしたが、この場合に再利用されるのは2割程度と少なめになります。現在では解体現場では分別することが義務付けられているので混合廃棄物の量は少なくなっていますが、それでも分別が困難なケースでは混合廃棄物で処理されることになります。混合廃棄物で排出されたものは、処理場で分別されることになりますが、分別作業を伴うためその他の分別された廃棄物よりも処分費用が高くなります。